小金井市でおすすめの注文住宅会社
諫早建設
諫早建設の注文住宅施工写真
家族の住み心地を重視したい
公式HP
ヴァルテックス
ヴァルテックスの注文住宅施工写真
とにかくコストを抑えたい
公式HP
ハウステックス
ハウステックスの注文住宅施工写真
SE構法で頑丈な家にしたい
公式HP
TOP » 小金井で注文住宅を建てるためのマメ知識 » 注文住宅が建つまでの期間とプロセス

注文住宅が建つまでの期間とプロセス

注文住宅で理想のマイホームを建てたいとお考えのご家族に向けて、家が建つまでの流れと、大よその期間を解説しています。

注文住宅(建売一戸建て)が建つまでの流れ

  1. 建てたい家のイメージを固める
    一人ひとりだけでなく、家族全員の声を汲み取ることが家造りの失敗しないコツです。話し合いが不十分だと、実際に家が建ったときに家族の誰かが不平を漏らすことも。間取り図や設備の希望など、具体的なイメージを固めましょう。
    そのためには情報収集というものが必要であり、インターネットや雑誌、住宅展示場など、情報を仕入れる手段はたくさんあります。予算や住みたい地域、土地の建築条件など、少しでも情報は持っておいて損はないはずです。少しでもわからない点があれば、不動産会社などに相談をするようにしましょう。
  2. ポイント

    自分が住みたい地域の環境をなるべく把握しておきたいところ。学校や商店街などが近くにあると、時間帯で交通量や人の動きといった環境が変わりやすいですので、そういった細かい部分もしっかりと把握しておくことが大事です。

  3. 資金計画を立てる
    頭金をどのくらい用意できるか、借りられる住宅ローンの額はいくらか、事前にしっかりと計算した上で予算を決めましょう。また、住宅ローンをどこから借りるかも検討します。
    家を建てる際に支払う代金は、契約してから実際に家が建つまでに4回に分けて支払うというのが一般的です。ですので、住宅ローンを使って家を建てる際は、借りたお金がいつ支払われるかという確認をしなければなりません。
    また、これ以外にかかる諸費用があるということもしっかりと把握しておきましょう。そして、家を建てた後にもゆとりのある生活を送るためには、あらかじめ「新築予算」というものも決めておかなければなりません。要するに、新築予算を立てて、その範囲内で建てられる家にするということが、家を建てた後にゆとりのある生活が送れるかそうでないかが決まるということです。現在ある貯蓄と建てるための住居費をしっかりと計算するということがとても重要になってくるのです。
  4. ポイント

    税金や家を建てる以外にかかる諸費用といったものを全て把握しておかなければなりません。引越し資金や近隣の挨拶周りにかかる費用もしっかりと計算しておくこと。家を建てた後にゆとりのある生活が送れるかどうかはここで決まるといっても過言ではありません。

  5. 依頼する注文住宅会社を絞り込む
    住宅の建築を依頼する会社は事前に広く情報を集め、十分比較して気に入ったところを選ぶのがベスト。最初にインターネットや住宅誌で情報収集し、そののち資料請求をしたり住宅展示場を見学したりして、候補を絞っていきましょう。
    ちなみに、建築を依頼する会社には「ハウスメーカー」、「フランチャイズ」、「工務店」、「設計事務所」の4種類が存在してきます。
  6. ハウスメーカー

    もし、安定した家を望むのであれば大手の「ハウスメーカー」に依頼するというのが一般的であります。営業や設計、工事の着工から家を建てた後のアフターサービスまできちんとした体制が整えられていますので、抜かりなく事が運ぶのは間違いありません。

    工務店

    身近でアットホーム的な関係を築きたいのであれば「工務店」がいいでしょう。設計や工事の着工、家が建った後のアフターサービスまで工務店のみで行うことになりますので、引越し後も何かと力になってくれるはずです。

    フランチャイズ

    そして、このハウスメーカーと工務店の特徴を合わせた会社が「フランチャイズ」となります。本部が新商品の開発や資材などの仕入れを担当し、近くの工務店が工事の着工を担当します。完成保証や品質保証などといった、保証体制が整っているというのも大きな特徴であります。

    設計事務所

    最後に、自分の家をこだわり抜きたいと考えている人には「設計事務所」が向いてます。設計事務所の建築家が独特の作風で家を設計しますので、オリジナル感あふれた家に住むことができるでしょう。工事に関しては、一般的にこの設計事務所とつながりのある工務店が担当することが多いです。

    ポイント

    費用に関しては予算範囲内に収まっているかどうかというのをしっかり確認する。仮に、予算がオーバーしている際はその理由もしっかりと聞くこと。それと、家が建った後の保証制度やメンテナンスなどがきちんとされているかどうかも確認しておきたいところ。

  7. 土地を探す
    家を建てる土地がまだ決まっていない場合には、こちらの情報も集めて土地探しを開始します。不動産会社に別途土地探しを依頼することもできますが、依頼する注文住宅会社が決まっていれば、そちらが見つけてくれることも。
  8. 土地を探す条件

    土地を探す際の条件として、予算、広さ、最寄り駅、駅からのアクセス、子供がいるのなら学区、などが挙げられます。不動産会社へ依頼する前に、インターネットや雑誌などでできるだけ物件情報もチェックしておきたいところです。住みたい地域の土地がいくらで売りに出されているか、近くにはどのような施設があるのか、といったことを調べていくうちに住みたい地域の相場というのがわかってきます。
    ある程度の相場が把握できれば不動産会社へと依頼し、物件情報を提供してもらったり、実際に土地を見に行ったりします。もし、依頼しているハウスメーカーや工務店が決まっているのであれば、その会社に土地探しも依頼するという手もあります。そちらの方が何とかとすんなりと事が運びやすかったりもするからです。また、建築のプロである建築会社が土地探しまでも手伝ってくれるのであれば、希望する家が建てられる土地かどうかを瞬時に判断してくれるので非常に便利だといえるでしょう。

    ポイント

    見つけた土地の地盤もしっかりと把握しましょう。軟弱だと別途で工事が必要になるからです。それと、複数の会社に依頼することで、色々な土地が比較できて良い土地が見つけやすいかも。

  9. 具体的な間取りを決める
    注文住宅を建てる場合には、家族で話し合いを進め、さらに間取りなどをはっきり決めておきましょう。注文住宅は、家族が思い描いたとおりの家を手に入れられるのが最大の魅力。そのぶん、建築までには期間を要するので、できるだけ早い時期から要望など明確にしておきます。
  10. 具体的なイメージを持つ

    間取りに関しては、まずLDKなどといった固定観念を取り払うことが大事です。「家族がくつろげる場所」、「客間が落ち着く場所」など、その部屋で何をしたいのかということから考えるようにしましょう。次に、キッチンや水まわりなど音やにおいに関してもしっかりと配慮するようにしておきたいところ。そこから部屋ごとに収納するものや設置する家具などを決め。ドアや窓の位置、部屋の大きさといった順に決めていくのが効率の良い間取りの決め方になるかと思います。とはいえ、理想ばかり追い求めてばかりいてはいけません。予算と見合わせて部屋の間取りを決めていかなければ、いつまでたっても間取りは決まらないでしょう。家族としっかりと話し合って、優先順位も同時に決めるようにしておきたいところです。そうすることで、自然と家族に合った間取りが見えてくることだと思います。

    ポイント

    間取りに関しては固定観念を一回捨てること。家族全員が住みやすい家ということを大前提に考えて間取りを考える。水まわりやキッチンから出るにおいの導線もしっかりと考えて間取りを決めていく。

  11. 相見積もりを取って注文住宅会社を決定する
    複数の会社に見積もりを出してもらう「相見積もり」を行います。このとき、依頼先候補には内容を比較しやすいように、同じ条件や希望を伝えておくようにするのがコツ。見積もり金額だけでなく、プランや設計図、依頼先の社員の人柄、建材のグレード、アフターメンテナンスなどを確かめた上で依頼先を決定します。
  12. 同条件でもらう

    同条件で見積もりを取れば、必要な費用が一目でわかりますし、それぞれの会社の特徴を見出すこともできます。その特徴を深堀した視点から比較をすれば、自ずと任せられる会社が見つかるはずです。当然、雑誌やモデルハウスだけではわからない部分も多く、相見積もりは適した会社を見つけるための最も効果的な手段だと言えるのです。
    ただ、見積もりを取るだけでは何の効果も得られません。最悪の場合、ぼったくりの業者に出会うかもしれないからです。一般的に、相見積もりは安い会社を見つけるための手段として多く使われますが、見積金額だけで業者を選んでしまったら後で痛い目に遭うことになるかもしれないのです。
    基本的に、時間をしっかりとかけて比較検討することが良い住宅会社を選ぶ大きなコツでもあります。相見積もりの効果的な取り方を理解し、見積もりの正当性を確認することで、誠実な住宅会社を見つけることができるのでしょう。

    ポイント

    相見積もりをしっかり取ることで業者を比較検討する。ただ、金額だけでは業者選びを判断しない。

  13. 本見積もりと本設計を取る
    依頼する注文住宅会社が決定し、間取り、設備、建材なども確定したら、次に本見積もりを取ります。見積書や設計書のほか、確認しなければならない資料がたくさんあるので、あとから後悔したり不具合のないようにしっかりチェックしましょう。
  14. 業者と話し合うことが大事

    プランを煮詰めるにあたっては、基本設計をもとにして業者と話し合いを重ねていきます。ここで大事なのが、しっかりとコミュニケーションを取って行うこと。希望を正しく伝えることができなければ何の意味もありません。居住スタイル、家族関係、来客の有無、家族の趣味といったプライベートな部分まで話した方がいいかもしれません。そうすることで様々な要望にも応えてくれるかもしれませんし、家主の理想の家に少しでも近づくことができるかもしれないのです。そこから細かな詳細まで決めていき、本設計となる設計図が作られるのです。

    ポイント

    見積書の作成方法は業者によって違ってきますので、少なくとも見積書の明細だけはもらっておくようにしましょう。この見積書を元に工事請負契約が結ばれますので、見積書を見るときには伝えた内容がきちんと記されているかの確認もするようにしなければなりません。

  15. 契約を結ぶ
    注文住宅で結ぶ「工事請負契約書」は、どんな家をいくらで建てるかという内容です。事前に資料をもらっておいて、確認事項をぬかりなくチェックしましょう。

――これ以降、ようやく住宅建設の工事が開始されます。

アフターケアも充実

注文住宅が建設されると、引き渡しなどを経て実際にその住宅での生活が始まります。しかし、そこで注文住宅の全てが終わるわけではありません。実際に生活をしていく中で、住宅内のさまざまな不具合や疑問を発見します。そこで、各注文住宅会社にはアフターケアを行う体制が整っていますので、積極的に活用していきましょう。

会社によってアフターケアの内容は異なりますが、概ねサポートやメンテナンスがメインとなります。例えば、ドアの開きが悪かったり、ふすまの滑りがスムーズにできなかったりと、細かな不具合が気になる場合があります。

こうした際に、会社の担当者へ連絡すると、現状を確認しに来てくれます。もし修理などの必要があれば、その担当者が業者への手配を行い、より使いやすくなるように修理を行います。

もちろん、こうした修理などの対応は無料で行ってもらえることが多く、追加費用が発生することは滅多にありません。さらに、水回りの不具合など、自分たちで業者の手配を行い修理をする場合もあります。実は、こうした場合などにも、担当者が窓口となり、業者の手配から修理までを行ってくれることもあります。このように、マンションなどの管理人と同じような働きをしてくれることも、各会社が用意しているアフターケアの一つとなっているのです。

加えて、こちらから連絡を行わなくても、定期的な点検やメンテナンスを行う会社もあります。

点検の頻度はそれぞれの会社ごとに違っていますが、建設直後からの1年間は3~4ヶ月に一度、次年以降は1年に1度行うところが多いようです。こうした定期点検はその都度部屋を片付けなくてはいけないため、煩わしく感じる人も多いのですが、自分では見つけられない不具合を発見する機会となります。

これから何十年も住み続けていく我が家だからこそ、早めに不具合を発見・修理して長く快適に生活できるようにしていきましょう。

ただし、アフターケアが適応される年数は会社や契約によって異なります。一般的には耐用年数と同じ20~30年間アフターケアの対象となりますが、場合によってはこの基準よりも長くも短くもなります。

特に、アフターケアの保証費用などは建築費などに含まれている場合があるため、建築費が異様に安い場合はアフターケアの保証内容や期間が他会社よりも劣っている可能性があります。費用の安さだけに気を取られずに、しっかりとアフターケアの内容や期間まで目を通しておき、安くてもきちんと対応してくれるのかを確かめておきましょう。

また、アフターケアがより重要になるのが地震や台風などの被害に遭ったときです。実際に震災に遭った人の中には、地震による建物への影響がないかを点検してくれたり、不具合が起きた箇所の修理などを対応してくれたりした会社もあるそうです。震災時は自宅の状態によって帰宅できるかどうかが決定され、それにより精神的な安心感を抱くことにも繋がります。

極限状態の心身を少しでも癒すためには、こうした震災時のアフターケアが特別重要になるのです。さらに、建設中に被災した場合には、その建物の地盤や柱の状態を点検し、問題なく建設がどうかを確認してくれることもあります。

アフターケアというと、一般的には建設後のケアを指しますが、実際には建設中に起きた不具合にも対応するケアが含まれています。そして、注文住宅のアフターケアは、以前よりも力を入れている会社が増えており、その内容もさまざまなものがあります。

しかし、そのケアを十分に活用できるかはあなたの認識によって大きく異なり、注文住宅を建設する前から保証内容は決まっています。そのため、アフターケアについてないがしろにするのではなく、しっかりと内容や期間、対象となる範囲を確認しておき、アフターケアがしっかりしている注文住宅会社を選びましょう。

理想の家を、理想の地に建てる

家が建つまでの期間は設計期間と工事期間に分けられ、スムーズに進んだ場合で設計期間が3~6ヶ月、工事期間は4~6ヶ月、さらに見積もり期間がプラス1ヵ月必要と言われています。

理想に適う注文住宅を建てるには、細かく相談に乗ってくれる会社に頼むのがベスト。一生の買い物ですので時間をかけてでも納得のいくまで話し合いましょう。

小金井は都心への程よいアクセスと、豊かな自然を兼ね備えた西東京でも住みやすい街です。駅周辺の再開発が進み、これからさらに人気が出るかも!迷っている人はお早めに♪

小金井でおすすめの
3つの注文住宅会社をCHECK

小金井でおすすめの注文住宅会社はこの3つ♪
ヴァルテックス 諫早建設 ハウステックス

とにかく
コストを抑えたい

ヴァルテックスの注文住宅施工写真

HPで施工例を見る

家族の住み心地を
重視したい

諫早建設の注文住宅施工写真

HPで施工例を見る

SE構法で
頑丈な家にしたい

ハウステックスの注文住宅施工写真

HPで施工例を見る

小金井に建てて大満足!
とも子イチオシの注文住宅会社

桜

はじめまして♪小金井在住のとも子です。小金井に家を建てて、旦那さんと息子と一緒に引っ越してきました。家を建てるときに私がたっぷり調べた情報を公開しちゃいます。おすすめの注文住宅会社もピックアップしたので是非参考にしてください。

おすすめを見る