小金井市に注文住宅を建てたいファミリーのための建築会社ナビ

HOME » 注文住宅の建築お役立ち情報 » 注文住宅が建つまでの期間とプロセス

注文住宅が建つまでの期間とプロセス

注文住宅で理想のマイホームを建てたいとお考えのご家族に向けて、家が建つまでの流れと、大よその期間を解説しています。

注文住宅(建売一戸建て)が建つまでの流れ

■建てたい家のイメージを固める
一人ひとりだけでなく、家族全員の声を汲み取ることが家造りに失敗しないコツです。話し合いが不十分だと、実際に家が建ったときに家族の誰かが不平を漏らすことも。間取り図や設備の希望など、具体的なイメージを固めましょう。

■資金計画を立てる
頭金をどのくらい用意できるか、借りられる住宅ローンの額はいくらか、事前にしっかりと計算した上で予算を決めましょう。また、住宅ローンをどこから借りるかも検討します。

■依頼する注文住宅会社を絞り込む
住宅の建築を依頼する会社は事前に広く情報を集め、十分比較して気に入ったところを選ぶのがベスト。最初にインターネットや住宅誌で情報収集し、そののち資料請求をしたり住宅展示場を見学したりして、候補を絞っていきましょう。

■土地を探す
家を建てる土地がまだ決まっていない場合には、こちらの情報も集めて土地探しを開始します。不動産会社に別途土地探しを依頼することもできますが、依頼する注文住宅会社が決まっていれば、そちらが見つけてくれることも。

■具体的な間取りを決める
注文住宅を建てる場合には、家族で話し合いを進め、さらに間取りなどをはっきり決めておきましょう。注文住宅は、家族が思い描いたとおりの家を手に入れられるのが最大の魅力。そのぶん、建築までには期間を要するので、できるだけ早い時期から要望など明確にしておきます。

■相見積もりを取って注文住宅会社を決定する
複数の会社に見積もりを出してもらう「相見積もり」を行います。このとき、依頼先候補には内容を比較しやすいように、同じ条件や希望を伝えておくようにするのがコツ。見積もり金額だけでなく、プランや設計図、依頼先の社員の人柄、建材のグレード、アフターメンテナンスなどを確かめたうえで依頼先を決定します。

■本見積もりと本設計を取る
依頼する注文住宅会社が決定し、間取り、設備、建材なども確定したら、次に本見積もりを取ります。見積書や設計書のほか、確認しなければならない資料がたくさんあるので、あとから後悔したり不具合のないようにしっかりチェックしましょう。

■契約を結ぶ
注文住宅で結ぶ「工事請負契約書」は、どんな家をいくらで建てるかという内容です。事前に資料をもらっておいて、確認事項をぬかりなくチェックしましょう。

――これ以降、ようやく住宅建設の工事が開始されます。

家が建つまでの期間は設計期間と工事期間に分けられ、スムーズに進んだ場合で設計期間が3~6ヶ月、工事期間は4~6ヶ月、さらに見積り期間がプラス1ヵ月必要と言われています。

理想に適う注文住宅を建てるには、細かく相談に乗ってくれる会社に頼むのがベスト。一生の買い物ですので時間をかけても納得のいくまで話し合いましょう。

小金井市でおすすめの注文住宅会社ランキングを発表!

 
小金井市で注文住宅を建てられる会社の比較サイト